加茂の駅裏。かっては農家が点 在していた場所である。
インフラ整備が進んだ後も、当時の水路のなごりで、碁盤の目に従わない道路が残っている。建築地も72坪と十分な面積を持ってはいるが、台形の一隅を四角 くえぐりとられ、単純な平面計画をよせつけない地型である。
「リビングをできるだけ広く」「8帖のたたみ部屋」「独立した子供室2室」「車2台」「庭」と設計条件はいたって素直。
敷地を使いきる事でイレギュラーさを感じさせない計画としている。












































加 茂市 寿町の家 15

変形敷地をつかいきる




TOP 1 2 3 4 5
HOME

information blog profile contact










(C) 2014 oyg-archi All right reserved