住宅が密集する旧市街地内での建替計画 である。 変形敷地を最大限に有効利用する為、微妙に角度のついた敷地形状に 沿って不整形な外壁線を設定した。内部空間はすこしづつふくらみを持ち、また不整形のまま切り取られた庭は、正面性が排除されやわらかな広がりが備わる。 そこにかかるRの軒先。基点となって放射状のひとつ屋根を形成し、建築的な整合性を担保している。


松坂町の家 加茂市

変形敷地をかしこくつかう





















































TOP 1 2 3


HOME
information blog profile contact










(C) 2014 oyg-archi All right reserved