施 主は里山の林の中にたたずむ家をイメージして、この100坪の敷地を用意した。まだ生まれたばかりの赤ん坊のようだけど、成長する樹木に囲まれて上手に年 齢をかさねていってほしい。墨色に染めた杉板や、すこしベコベコさせた手仕事のブリキ。ゆっくり風化しながら時をきざみ、オリジナルな場所の記憶をつない でゆく。
かって河川敷の中だった場所。北西側の川は護岸や河床が整備され、容易に水面をうかがう事はできない。しかし、両岸の遊歩道とあわせてのどかなあぜ道的な 風景が広がる場所である。この環境とどう向き合うか、全体計画を決める最も重要な要素となる。道路からのぬけと将来予定される親世帯の増築スペースを残す 事、方位、対岸の工場の存在等を考慮して、この川辺とは庭を介してゆるやかにつながる配置としている。すこし軸線を振る事で、家族室-庭-川辺へと無理な く意識が流れるように意図し、逆に反対側の道路からは、少し距離を感じられる計画とした。












































新潟市西区 中川原の家

のどかな環境にたつ敷地100坪のミニマム住宅




TOP 1 2 3 4 5
HOME

information blog profile contact










(C) 2014 oyg-archi All right reserved