新潟市の中心部から35Km程、広い区画道路と遊歩道が整備され、ゆとりを感じさせる造成地での計画である。また、周辺には大型の住宅や菜園として利用さ れている区画なども点在し、のびのびとおおらかな作りかたを許容する環境がそなわっている。めざすところは、大屋根の架かる「現代田舎家」である。ゆっく り上手に
年をとっていってほしい。
ひとつ大屋根の下は、平屋+αの屋根裏空間で構成され、中心となる「現代の座敷」家族室の吹き抜けを介して連続していく。冬、薪ストーブの暖かさを家全体 に
伝え、他の季節は中庭からの風の通り道となる。







































大屋根の家 胎内市

1.5階建、ゆとりの現代田舎家

















TOP 1 2 3 4 5
HOME
information blog profile contact










(C) 2014 oyg-archi All right reserved