「加茂の駅前からつづく商店街がとぎれるあたり。
まち通りに面した、かってのうなぎの寝床の胴体部分にあたる敷地である。
周辺は、杉板張の旧い町屋や土蔵等、活かしきれないお宝が残り、まちなか散策マップの折り返し点にほど近い。
つみ重ねられた場所の記憶を受け継いでほしい。
そんな思いで出したひとつの標準解である。

つくりはストイックです。
節があってもいいじゃないか。
ベニヤのままでもいいじゃないか。
そうそう「粗朴を楽しんでいるんです!」。












































加茂市 若宮町の町家

「粗朴」をたのしむ




TOP 1 2 3 4 5
HOME

information blog profile contact










(C) 2014 oyg-archi All right reserved