材料検査

木材の材料検査で台湾へ行ってきました。
原木はバンクーバー産なのに、カナダや日本で製材しないで、わざわざ台湾を経由するあたりがミソなのでしょう。
もともと台湾檜で有名な土地柄ですから、材木のあつかいはおてのものだし、
又、柾だ杢だという日本的な要求にも対応できるあたりが重宝されているようです。
特に今回は、節の無い材料を大量に使う仕事だったので、国内で調達するより断然おとくだったみたいです。

それにしても、イタリアの石を中国で加工するとか、鉄骨を韓国で製作するとか、開かれていく事は良いことなんだけれど、ちょっとだけ寂しさを感じてしまうのは、年のせいかしら?

台湾の人は働きものです。かって日本にもこんな風景があったよなと。
巨大な原木。節の無い材料がとれます。
ほんとに流しちゃいけないらしい。紙。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA