藤田美術館

ほんとに質素なたたずまいです。

大阪の藤田美術館に行ってきた。
施設建て替え前最後の展示という事もあって、国宝の「窯変天目茶碗」をおがんでおこうかなと。
単に目の保養にとの発想でおとずれたのですが、結果いろいろ考えさせられることに、、、。

まず、今回の展示内容は出色でした。
ほとんどが国宝か重文。私設の美術館として、これだけの「文化財」を所蔵している事に驚愕です。
パンフレットの説明によれば、
「藤田傳三郎は、明治維新後の廃仏毀釈などの影響から、歴史的な仏教美術品の数多くが海外へ流出していることに憂慮し、これを阻止するために膨大な財を投じました。」
との事。
西欧化に邁進したこの時代に日本の古美術の価値をはっきりと認識していた事におどろかされます。
建築もそうですが、日本建築の美しさや価値は海外の研究者によってみいだされた歴史をもっています。
ブルーノタウトやノーマンFカーヴァ。
当時の日本の人々にとって見なれた日本建築の形や空間が、実はひとつの芸術作品であるとはなかなか気付けなかった時代です。

一方この美術館、収蔵品のすばらしさに比べて展示施設がほんとに質素なのです。
展示室は2階建の蔵1棟、40坪位の広さしかありません。
それをなんの変哲もないモルタル塗りの洋風建屋で覆って、蔵との隙間を受け付けや事務室としています。
入場料も800円と超良心的なお値段。

この春、オークションで中国関連の美術品30点を300億で売却との報道は記憶にあたらしいところです。
確かにこの質素すぎる展示施設を建替えなければならないという事情は十分理解できました。
おそらく中国マネーが落札するだろうとの予測のもと、売却された美術品がオリジナルな場所に戻るという事も考慮されていたのだと思います。
傳三郎翁の意志を確実に受け継ぐかたちで。

これも美術品として保存しようと自分の庭に移築したのだそうです。


プラットホーム

何気ないこんな空間に惹かれてしまう。

何気ないこんな空間に惹かれてしまう。
小さな鉄骨部材をサクサクと組み合わせただけのいたって合理的な構造。
それに絡まるトップライトからの縞々の光が魔法をかける。
全体の明るさも丁度いい。
駅ビルにしちゃうとこうはいかない。
終着駅なので、いちばん端っこからの風景になるのも良い。
大阪・天王寺駅の阪和線プラットホームでした。

ひるがえって、新しい新潟駅のホームはどんな空間になるのだろう。
確か在来線も最上階に乗り入れる計画だったと記憶している。
どんな光のマジックを考えているのだろうか。
期待と不安が交錯する。

新潟のBRT

先日、新潟駅前からBRTに乗ってみた。
古町での飲み会に行くためである。
残念ながら、何かが「変わった」のだと感じられるものがない。
「魅力的で人にやさしい未来の新潟市」を予感させるものがない。
巷では乗り換えの不便さや、税金の無駄づかいだとの指摘から廃止論まで飛び出すありさまだ。
メディアはメディアで、前後の脈絡は省略して小さな不具合の事実だけを小ネタ的に垂れ流す。
確かに現状は30億の税金が有効に機能しているとは実感できないし、むしろ不便になったという意見ももっともな指摘であると思う。
最初の一歩であるとはいえ、いや、最初の一歩だからこそ「あ!変わったねっ。」と感じられる何かをうみだす必要があったはずだ。
その部分については初期投資予算の少なさを言い訳にしてはいけないと思う。
しかし、新潟市の公共交通システムの改革は絶対に必要な喫緊の課題だという思いは変わっていない。
蹴つまづきながらでも、その具体的な一歩を踏み出した意味は小さくないし、机上論から実際に運行が始まった事で、市民の関心も高まった。
身近な問題としてやっと本気で議論できる土壌がととのった事こそが重要である。
何故やらなければいけないのか、どんな未来像をえがいているのか、その点で市民のコンセンサスをまとめあげ、冷静に原点を見つめ直すよい機会である。
そういう土壌をつくる為の30億であると割り切れば、あながち高い買い物ではなかったのではと思う。
人の心を動かす値段はプライスレスなのだから。

5分毎にバスは来るが、連接バスは1時間に1便。

豊島美術館

内部は撮影禁止です。

先日、長岡で建築写真の展覧会が開催されていて、その時の講演で「写真では伝えきれない空間」の話題が出ていました。
そんな折、実際行ってきた人から「なかなか良い」と聞かされていた豊島美術館を訪れてきました。
「ほんとに良い」です。
ちょっと息をのむ感じ。
低くて広くて丸っこくて穴があいてる白い空間。
伝えきれません。
もちろん事前に写真や文章での情報は入っていたのですが、、、。

こうやって地球のはてまで彷徨っていくことになるのですね。
写真ではわからない何かを求めて。

こちらは隣島の直島ホール。
ここも広くてちょっと丸っこくて穴があいてる白い空間。

「ビッグスワン」ってどう?

今般の国立競技場の騒動で、ひとつ良かったかなと思う事がある。
それは、スタジアム建築のような巨大構造物のデザインが、居酒屋談義として誰でも話せるみじかな話題にのぼった事。
純粋に建築としての美しさや機能性、歴史や周辺環境をふくめた総合的な計画の意味などをかたっていたわけではないにせよ、少なくとも建築のトピックが、(切り口については横においとくとして)連日のようにメディアでも語られつづけた例はいままで記憶になかった事である。

そんななか地元新潟のビッグスワンスタジアムはどうだろう。
Jリーグの発足から2002年のW杯の開催を経て、日本国内にも多くのサッカースタジアムが建設されてきた。
それまでの陸上競技場と大きく異なるのは、観客席の大部分が屋根で覆われている事。
まさに「スタジアム」と呼ぶにふさわしい建築物なのである。

最初にビッグスワンをみたのは確か2001年のコンフェデレーションズ杯のとき。
その時は新幹線の車窓からみえてきた姿に、その巨大さゆえ好印象はもてなかった事を覚えている。
しかし、実際に地上レベルから近づいていくと、全然違う感覚に変わった。
威圧感のようなものは感じられない。
広大な公園計画の中のロケーションの良さや、幕屋根の軽さ、基壇部分のみを垂直面とした配慮など、設計者の手練れを感じる。
なかなかどうして、少なくとも日本のスタジアムの中では優れたデザインのひとつにかぞえられるのではないだろうかと。

一方、世界ではスタジアム建築Best10などといった公式・非公式なコンクール等も行われているようだ。
建築的なかっこよさ、サッカー観戦空間としての質に対してランキング付けをして楽しんでいる。
それだけ建築もサッカーも文化として根付いている事の証しなのだろう。
おくればせながら日本のサッカースタジアムも量から質の時代をむかえ、サッカー専用スタジアムの臨場感はなにものにもかえがたいとの声が高まっている。
ビッグスワンがもし陸上トラックのないサッカー専用であったなら、、、
おらがチームのホームスタジアムとして堂々と世界に自慢したいところなのだが。

ペーパークラフト:世界レベルのスーベニア

シャガール

小さな農家レストランのサラダバー(店主いわく)。
ひと通り皿に並べてみたらこんな感じになりました。
どこかシャガールの絵っぽい色づかい。

「菜っ葉の塩茹で」

「紫はくさいの水煮」

「カブのピクルス」

「大根の千切り」

「赤米の米粉パン」

「ピリ辛ドレッシング」

旬の野菜達と、コーディネイトした店主に拍手!

旬といえば、農業特区の制度で農地にレストランが建築可能になったとか。
手続きとかを調べてみると、都市計画法の「開発行為」クラスの時間と労力が必要なようで、それなりの規模を想定しないと手が出せないように思います。
どうもピントがずれてるような。
そもそも農家レストランが魅力的なのは、手作りの食材ともうひとつ、オープンエアーな空間で景色をおかずに食事ができるって事なのでは。
天気の良い日にパラソルの下でランチするって感じ。
100席もあるようなファミレスみたいなのはいらないでしょ。

石造のまち

ヨーロッパではありません。

光の加減でちょっと雰囲気がでてますが、実はここ、小樽です。
にぎやかな観光スポットとは反対方向の、やや過疎ってる地区の写真です。
写ってる建物、石造のように見えますが、小樽の倉庫は木骨石造という構造なんだそうです。
木造の骨組みが基本で、その外側に石積で外壁をつくるというもの。
当時、倉庫に求められた最大の機能のひとつは、火災による延焼から荷物を守る事。
一般的にはレンガがつかわれていますが、ここ小樽では地場で産出する石材を用いています。
それが日本らしくない独特の街並を形成するもとだったのですね。
「地の材料を活かす」これやっぱり建築におけるひとつの基本です。

歴史的な建物が保存されているまちに来るといつも思います。
以前のブログにも書いてますが、古い物を大切に使いつづける事の大変さと意味。
かっての小樽は、明治・大正の時代をとおして横浜や神戸に次ぐ港湾都市として繁栄していました。
実際、札幌(幌内炭坑)と小樽を結ぶ鉄道は日本で3番目に開通した路線だそうです。
が、ごたぶんにもれず経済性と利便性を追求する時代を経て、ここでも当初の役目をおえた建物が増えてゆきます。
また、運河を埋め立てて道路化する計画なども進められたようです。
しかし、それらの洗礼をうけながらもかっての姿をとどめる小樽の街並。
不遇の時代にあってもその価値をみいだし、大切な遺産としてうけついでくれた人たちの、なみなみならぬ努力に敬意を表します。

竹中大工道具館

日本建築にかかわる匠の技の数々。
大工道具をとおしてそれらを未来へ継ないでいこうという展示館です。
そもそも大工道具なんて展示品になるのかいなと思っていたら、なんのなんの。
鉋、鑿、墨壷などなど、「良い仕事」をささえる「良い道具」はそれ自体とても美しいのです。
硝子ケースの中でスポットライトをあびた姿は、宝石や美術工芸品のように見る者をひきつけます。
道具をつくる技とそれを使って建築にしたてる技。
こころざしある優秀な職人が激減している今の建築の世界。
ふたつが一体となって未来へつながるのが理想なのだけれど・・・。

硝子ケースのなかは、鉋、鑿、鋸。
道具たちのホンネは、現場で働かせてといってるのでは。
かんなくずではなく「削り華」というそうな。
これで削った「はなかつお」。さぞや良いダシがとれそう。

一方、建物自体もみどころのひとつになってます。
たたずまいはおだやかな平屋の和風建築にみえますが、実は現代的なデザインと構法に匠の技を融合させてつくられています。
伝統をつないでいくには守ってばかりでなく、逆に新しい事に挑戦しつづけなければならない事の実践として。

道具と技の痕跡。
名栗仕上のエントランスドア

見学会を開催します

寺泊旧市街での建て替えプロジェクトが竣工します。

独特の長屋スタイルのまちなみで、海と街をつなぐ超細長敷地。
海側・街側の敷地段差を利用して、風と光がとおりぬけていくような家を意図しています。

電信柱

以前に電柱と景観の話を書いた事がある。
緑豊かな美しいまちなみも電柱の存在がだいなしにしていると。
先日こんな電柱を見つけた。
「でんしんばしら」といった方がイメージが伝わるかも。
レトロな蛍光灯がひとつぶらさがっているだけなので、正しくは電柱とは呼ばないのかもしれない。
高さ4M程の丸太。
樹種は判然としない。
美しいシルバーグレーに退色している。
この背の低さが安心感のみなもとか。
屋根より高いのは、樹木と鯉のぼりくらいにしてもらいたい。
下水道の普及率が高まって河川の水質は改善されてきました。
インフラ整備の次期ターゲットは町の景観を改善できる電柱電線の地中埋設化。
これで決まりでしょう。